京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

広報・セミナー

  • 第1280回 Strategies to suppress SIV replication in B-cell follicle sanctuary sites
    日時: 2018年1月19日 (金) 14:00〜15:00
    場所: 京都大学ウイルス再生研2号館(旧ウイルス研本館) 1階セミナー室
    演者: 深澤 嘉伯 博士 ワクチン・遺伝子研究所、オレゴン国立霊長類研究センター オレゴン健康科学大学
    演題: Strategies to suppress SIV replication in B-cell follicle sanctuary sites
  • ウイルス・再生医科学研究所セミナー
    日時: 2017年12月4日(月)16:30~17:30
    場所: ウイルス・再生医科学研究所 2号館(旧ウイルス研本館)1階 セミナー室
    演者: Dr.Raul Vizcardo(アメリカ国立衛生研究所国立がん研究所)
    演題: Developing the next generation of iPSC cell-based therapies
  • 第1279回 Evolution-guided enhancement of human antiviral immunity
    日時: 2017年11月14日 (火) 15:00〜16:00
    場所: 京都大学ウイルス再生研2号館(旧ウイルス研本館)1階セミナー室
    演者: Dr. Alex Compton (National Cancer Institute (NIH/NCI)・Head)
    演題: Evolution-guided enhancement of human antiviral immunity
  • 第1277回 A predictive framework for adjuvant combinatorics reveals potent anti-cancer vaccines
    日時: 2017年11月10日16:30-17:30
    場所: 京都大学ウイルス再生研3号館(旧東館)5階ルーフテラス
    演者: Nicolas Chevrier, Assistant Professor (Institute for Molecular Engineering, The University of Chicago)
    演題: A predictive framework for adjuvant combinatorics reveals potent anti-cancer vaccines
  • The 30th Biomechanics Seminar
    日時: 2017年11月8日(水)16:00 - 17:00
    場所: 京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 ウイルス再生研3号館(旧再生研東館)5F ルーフテラス
    演者: 宮田 卓樹 教授 (名古屋大学大学院医学系研究科 細胞生物学分野) Prof. Takaki MiyataDepartment of Anatomy and Cell Biology, Graduate School of Medicine, Nagoya University
    演題: Flows and stagnation in the brain-forming tectonics 脳形成テクトニクスにおける流れと澱み
  • 増殖制御システム分野 今吉 格先生より セミナーのご案内 (生命科学研究科セミナー)
    日時: 平成29年11月7日(火)午後16時00分-午後18時00分
    場所: 京都大学ウイルス再生研2号館(旧ウイルス研本館) 1階セミナー室(104号室)
    演者: 高橋 悠太 (Yuta Takahashi) Ph.D. (Laboratory of Gene Expression, Salk Institute for Biological Studies, La Jolla, USA)
    演題: 多能性幹細胞において、CpG配列を含まないDNAの挿入は、CpGアイランドの新規DNAメチル化を誘導する。
  • 第1278回 エボラウイルスの複製機構の解明 1)ヌクレオカプシドの輸送機序、2)VP30リン酸化の分子機序
    日時: 2017年11月6日(月)15:00~16:30
    場所: 京都大学ウイルス再生研2号館(旧ウイルス研本館)  1階セミナー室(104号室)
    演者: 髙松 由基 博士 (Postdoctoral researcher Institut für Virologie, Philipps-Universität Marburg, Germany)
    演題: エボラウイルスの複製機構の解明 1)ヌクレオカプシドの輸送機序、2)VP30リン酸化の分子機序
  • 第1275回 Control of Pathogen Colonization by Host Immunity and the Microbiota in the Gut
    日時: 2017年11月2日 16:00-17:30
    場所: 京都大学ウイルス再生研2号館(旧ウイルス研本館)1階セミナー室
    演者: Gabriel Nuñez, M.D. (Department of Pathology and Comprehensive Cancer Center, University of Michigan, Ann Arbor, Michigan, U.S.A.)
    演題: Control of Pathogen Colonization by Host Immunity and the Microbiota in the Gut
  • 第1276回 シマカゲノム中の内在性フラビウイルス配列の解析とウイルス媒介能への関与の可能性
    日時: 2017年10月23日 (月) 10:00〜11:00
    場所: 京都大学ウイルス再生研2号館(旧ウイルス研本館)1階セミナー室
    演者: 鈴木 康嗣 博士 (Department of virology, Viruses and RNAi unit, Institut Pasteur, France)
    演題: シマカゲノム中の内在性フラビウイルス配列の解析とウイルス媒介能への関与の可能性
  • ウイルス研究の潮流シリーズセミナー:年間予定
    日時: 2017年6月7日 ~ 10月6日まで 原則水曜日16:00-17:30
    場所: 京都大学ウイルス再生研2号館(旧ウイルス研本館)1階セミナー室
    演者: 表参照のこと
    演題: