京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

影山龍一郎教授が2017年度内藤記念科学振興賞を受賞しました。

影山龍一郎教授(ウイルス・再生医科学研究所)が2017年度内藤記念科学振興賞を受賞し、その授賞式が東京都千代田区日本工業倶楽部大会堂において開催されました。

内藤記念科学振興賞は、人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的領域において、進歩発展に顕著な功績のあった研究者に対して授与される賞です。 「神経幹細胞の増殖と分化の制御機構の解明と制御技術の開発」が受賞の対象となりました。

それまで不明であった哺乳動物の神経発生を制御する分化決定因子群の実体と機能を世界に先駆けて明らかにしました。これらの研究成果は、神経発生に関する国内外の研究を先導するもので、国際的にも高い評価を得ています。

 

授賞式では賞状と金メダルが影山教授へ授与されました。

関連リンク
影山研究室
公益財団法人内藤記念科学振興財団

 

授賞式での様子

スピーチをする影山教授