京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

再生組織構築研究部門

発生エピゲノム分野

メンバー

准教授 多田 高(ttada*infront.kyoto-u.ac.jp)
准教授 中馬 新一郎(schuma*infront.kyoto-u.ac.jp)

(*を @ に変えてください)

研究内容

多田グループ

受精から始まる個体発生は、細胞分裂による増殖と巧妙に制御された細胞分化による。細胞分化は、細胞核エピゲノムの書き換えによりもたらされる。エピゲノムの書き換えは、細胞の若返り(再プログラム化)や個体の老化防止(アンチエイジング)を可能にする。これらの分子機構の解明と応用技術の開発を目指す。

中馬グループ

個体の形成過程では、遺伝情報の安定性は発生段階や細胞系譜、生体環境などによって異なった制御を受ける。我々は、多能性幹細胞や生殖細胞に特徴的なゲノム・エピゲノム情報の維持および再編機構と発生プログラムによる高次制御の体系的な理解を目標とし、また細胞リソースの遺伝的安定性の制御基盤の解明を目指して研究を進めている。

大学院教育について

  • 医学研究科医学専攻・医科学専攻(発生分化研究)

学生

  • (多田グループ)博士3名
    (中馬グループ)博士1名、修士1名
  • これまで所属した大学院生の出身学部(医学部、理学部、理工学部、薬学部、獣医学部、農学部、工学部)

連絡先

多田グループ
担当 准教授 多田 高
TEL 075-751-4114
E-mail ttada*infront.kyoto-u.ac.jp(*を @ に変えてください)
中馬グループ
担当 准教授 中馬 新一郎
TEL 075-751-3821
E-mail schuma*infront.kyoto-u.ac.jp(*を @ に変えてください)