京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

再生組織構築研究部門

生体再建学分野

メンバー

客員教授 坂口 志文(shimon*infront.kyoto-u.ac.jp)
特定助教 三上 統久(mikami.norihisa.4m@kyoto-u.ac.jp)

(*を @ に変えてください)

研究内容

本分野では、免疫自己寛容維持に重要である内在性制御性T細胞を主要な研究対象としている。制御性T細胞による生体恒常性維持に関わるあらゆる側面(発生分化、末梢組織における維持機構、抑制活性発動機構)についての基礎研究をおこなっている。また、制御性T細胞を標的とした応用研究を展開し、自己免疫、アレルギー、感染症、移植免疫、ガン免疫に対する新しい免疫制御法の確立を目指している。

また、関節リウマチに酷似した自己免疫性関節炎を自然発症するSKGマウスを樹立し、原因遺伝子であるT細胞シグナル分子ZAP-70の一塩基変異によって自己免疫性関節炎に至る免疫学的、病理学的機序に関して研究を展開している。

大学院教育について

  • 医学研究科医学専攻医科学専攻(実験免疫学)

学生

  • これまで所属した大学院生の出身学部(医学部医学科、医学部保健学科、理学部、工学部)

連絡先

担当 客員教授 坂口 志文
TEL 075-751-3888
E-mail shimon*infront.kyoto-u.ac.jp(*を @ に変えてください)

mikami.norihisa.4m@kyoto-u.ac.jp