京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

ウイルス研究の潮流シリーズセミナー: 骨代謝制御の中核因子RANKL の機能とその臨床応用

日時: 2018年7月4日 (水)16:00~17:30
場所: 京都大学 ウイルス再生研2 号館 (旧ウイルス研本館)1 階セミナー室
演者: 高見 正道 教授 (昭和大学歯学部 歯科薬理学講座)
演題: 骨代謝制御の中核因子RANKL の機能とその臨床応用

講演要旨:

TNF ファミリーに属するRANKL(receptor activator of NF-kB
ligand)は、破骨細胞の分化誘導因子であると同時に、樹状細胞の活性
化や腸管M 細胞の分化、体温中枢調節など、生体恒常性維持に必要な複
数の役割を担うことが知られている。RANKL を標的として開発された抗
RANKL 抗体製剤デノスマブは強力な骨吸収抑制作用をもち、骨粗鬆症な
どの骨疾患治療に使用されているが、この抗体製剤が骨以外の免疫や組
織にいかなる影響を及ぼすのか不明である。我々が妊娠マウスに抗
RANKL 抗体を投与したところ、外見上異常のない新生仔が出生したが、
24 時間以内にすべて死亡した。また、この母マウスでは乳腺の発達異
常が認められるなど、抗RANKL 抗体を投与することで生じる異常から、
RANKL の未知の機能が推察できる。本セミナーでは、RANKL の発見から
抗体製剤に到るまでの概略と、RANKL 機能の解明に向けた我々の取組み
について紹介したい。
(言語 日本語)

 

 

 

主 催 京都大学ウイルス・再生医科学研究所
連絡先 分子遺伝学 藤田 尚志(TEL:075-751-4031)