京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

ウイルス研究の潮流シリーズセミナー:麻疹ウイルスを科学する:病態理解から新次元の応用へ

日時: 2018年7月18日 (水)16:00~17:30
場所: 京都大学ウイルス再生研2 号館 (旧ウイルス研本館)1 階セミナー室
演者: 竹田 誠 先生
(国立感染症研究所 ウイルス第三部 部長)
演題: 麻疹ウイルスを科学する:病態理解から新次元の応用へ

講演要旨:

1990 年に小船富美夫博士によって野生型麻疹ウイルスが世界で初
めて分離された。その発見が基礎となり、2000 年に麻疹ウイルス
の受容体(SLAM)が同定された。同年、野生型麻疹ウイルスの遺伝
子操作系が開発され、その後、麻疹の病態や麻疹ウイルスの病原性
発現機構の理解が飛躍的に進んだ。
本講演では、麻疹ウイルスに関する発見の歴史とともに、麻疹の
病態理解の最新知見を紹介し、麻疹ウイルス遺伝子操作系の果たし
た役割や、その究極の発展系ともいえる光制御性麻疹ウイルスベク
ターの開発や再生医療への応用などについて紹介する。
また、麻疹ウイルスが属するモルビリウイルス属ウイルスの進化
と哺乳動物との関連、宿主域決定に関する最新データを紹介する。

(言語 日本語)

 

 

 

主 催 京都大学ウイルス・再生医科学研究所
連絡先 微細構造ウイルス学 野田 岳志 TEL:075-751-4020)