京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

研究成果

2020年11月27日 MHCクラス1分子 – リポペプチド – T細胞受容体複合体のX線結晶構造の解明

森田大輔助教、杉田昌彦教授らの研究成果が「International Immunology」に掲載されました。

2020年11月26日 アレナウイルスZ蛋白の自己重合を検出するFRETバイオセンサーの開発と、それを利用した抗ウイルス薬スクリーニング法の確立

水谷助教らの研究成果が「Cell Structure and Function」に掲載されました。

2020年10月22日 腫瘍の遺伝子発現制御ネットワークを司る「ウイルス由来ジャンクDNA」の発見

小柳義夫教授、東京大学医科学研究所の佐藤准教授らの共同研究成果が米国科学雑誌「Science Advances」のオンライン版で公開されました。

2020年9月14日 霊長類レンチウイルスの異種間伝播の分子メカニズム -エイズウイルス誕生につながるウイルスの適応進化原理の解明へ-

小柳義夫教授、東京大学医科学研究所の佐藤准教授らの共同研究成果が「PLOS Pathogens」に掲載されました。

2020年9月8日 B細胞、T細胞による獲得免疫の始まりの謎を解明 -転写因子E2AがRag遺伝子を制御する-

宮崎和子研究員、宮崎正輝准教授、渡邊仁美 助教らの研究成果が国際学術誌「Science Immunology」に掲載されました。

2020年9月7日 インターフェロン産生を抑制するSARS-CoV-2タンパク質の発見

小柳義夫教授、東京大学医科学研究所の佐藤准教授らの共同研究成果が「Cell Reports」に掲載されました。

2020年9月7日 一細胞トランスクリプトームデータから、クラスタリングに依存せずに発現変動遺伝子を予測する

Alexis Vandenbon講師らの研究成果が「Nature Communications」に掲載されました。

2020年8月28日 CRISPR Cas9遺伝子ターゲッティング技術における汎用型ドナープラスミドを開発

石橋助教、豊島教授らの研究成果が「Scientific Reports」に掲載されました。

2020年8月20日 DNA損傷応答におけるRNA輸送因子の新たな機能を解明

町谷研究員、大野教授らの研究成果が「RNA」に掲載されました。

2020年7月15日 生体内におけるHIV-1感染細胞のマルチオミクス解析-エイズ根治法の手がかり探索に道-

小柳義夫教授、東京大学医科学研究所の佐藤准教授らの共同研究成果が「Cell Reports」に掲載されました。