京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

京都大学ウイルス・再生医科学研究所 生体材料学分野助教の公募

令和3年2月19日

1. 職名及び募集人員
助教(ウイルス・再生医科学系) 1名

2. 勤務場所
京都大学ウイルス・再生医科学研究所再生組織構築研究部門 生体材料学分野
(京都市左京区聖護院川原町53)

3. 職務内容
組織工学およびドラッグデリバリーシステムのために用いられる生体材料の研究と教育に従事する。
【付記】
治療および細胞研究に必要な技術、方法論に関する生体材料に研究業績を持つ研究者が望ましい。かつ、意欲的に研究を進めることのできる人材を求める。組織工学、遺伝子治療、細胞工学、およびドラッグデリバリーシステムなどについて、同分野の田畑泰彦教授と協力して研究と教育を行う。

4. 資格等
博士の学位を有すること。

5. 就任時期
令和3年5月1日(予定、相談に応じます。)

6. 試用期間
あり(6カ月)

7. 任期
京都大学教員の任期に関する規程により任期を定めています。
任期5年(再任可、ただし1回限り)

8. 勤務形態
専門業務型裁量労働制(週38時間45分相当、1日7時間45分相当)
休日:土・日曜日、祝日、年末年始、創立記念日及び夏季一斉休業日

9. 給与・手当等
本学支給基準に基づき支給

10. 社会保険
文部科学省共済組合、厚生年金、雇用保険及び労災保険に加入

11. 提出書類
履歴書、研究業績目録、これまでの研究概要、着任後の研究プロジェクト及び抱負、応募者に関する参考意見を伺える方の連絡先(国籍を問わず3名以内)及び最も重要だと考える論文の別刷り(5編以内各1部)。
【提出書類記載要領】
(1) 履歴書は、A4版を縦にし、横書きで1枚にまとめて以下の事項を記載すること。
a. 氏名(ふりがな)、捺印、性別、生年月日、満年齢、旧姓と改姓年月日(該当者のみ)、
郵便番号、現住所、所属先連絡方法(住所、電話番号、E-mail)、現職名
b. 学歴(高校卒業以降)、免許、学位
c. 職歴及び研究歴
d. 賞罰
e. その他(所属学会名、役職名及び社会における活動)
f. 履歴書の左上欄外に応募する分野名及び職名を記載すること。
なお、a~eにおける事項には、それぞれ年月まで記載すること。
(2) 研究業績目録には、発表論文、学会発表を含めて記載し、論文と単行本の記載においては、以下の事項に留意すること。
a. 著者名(論文記載の順に全員、本人の氏名にアンダーライン、責任著者の左肩に*を記載すること)、標題名、雑誌名、巻、号、頁(始めと終わりを示す)、発行年を記載すること。単行本の場合は、上記に準じ、編者、発行所名などを含めること。
b. 用紙は、A4版を縦にし、横書き、番号を付すこと。
c. 年代順または内容別などは自由。
(3) これまでの研究概要は、図を含めてA4版2枚以内にまとめること。
(4) 着任後の研究プロジェクト及び抱負は、図を含めてA4版2枚以内にまとめること。
(5) 応募者に関する参考意見を伺える方の連絡先には、氏名、所属と役職、連絡先(住所、電話番号、E-mail)、応募者との関係を記載すること。

12. 応募締切日
令和3年3月19日(金)(必着)

13. 選考方法
書類選考。面接を行う(セミナーでの講演を依頼する)ことがありますが、その場合の詳細は対象者に別途連絡します。なお、その場合の旅費は応募者の負担となります。

14. 提出先及び問合せ先
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53
京都大学ウイルス・再生医科学研究所
再生組織構築研究部門 生体材料学分野教員選考調査委員会(助教)
(ウイルス・再生医科学研究所総務掛:
TEL:075-751-3802、FAX:075-751-4646、E-mail: 330soumu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)
応募書類は「簡易書留」にて郵送願います。

15. その他
提出いただいた書類は、採用審査にのみ使用します。
正当な理由なく、第三者へ開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。
なお、応募書類はお返ししませんので、あらかじめご了承願います。
京都大学は男女共同参画を推進しています。女性研究者の積極的な応募を期待します。
京都大学では、すべてのキャンパスにおいて屋内での喫煙を禁止し、屋外では喫煙場所に指定された
場所を除き、喫煙を禁止するなど、受動喫煙の防止を図っています。