京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

ウイルス感染研究部門

ウイルス制御分野

メンバー

教授 橋口 隆生(takaoh*infront.kyoto-u.ac.jp)
助教 鈴木干城(suzuki.tateki.7y*kyoto-u.ac.jp)

(*を @ に変えてください)

研究内容

感染症は今なお世界中の子どもたちの脅威となっています。この問題を解決するため、私たちは小児関連のウイルス感染症の研究を行っています。特に、ウイルスの細胞侵入機構および化合物・ペプチド・糖鎖・抗体による侵入阻害機構の解明に注力し、ウイルス学的手法と構造生物学的手法を組み合わせたアプローチで研究を進めています。主要研究項目としては、ウイルスの病原性の解明とウイルス疾患に対する予防・治療法開発の2つが大きな柱となっています。

 

大学院教育について

 

学生

 

連絡先