京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

所長挨拶

ウイルス・再生医科学研究所発足の御挨拶

photo_president-portrait
京都大学ウイルス・
再生医科学研究所
所長 開 祐司

ウイルス研究所と再生医科学研究所が統合新研究所となり、平成28年10月に「ウイルス・再生医科学研究所」が発足しました。

1956年に設立されたウイルス研究所は、成人T細胞性白血病(ATL)の原因ウイルス(ATLV/HTLV)の発見に代表されるウイルス感染症研究のみならず、我が国の分子生物学の黎明を牽引してきました。一方、1998年に発足した再生医科学研究所はヒト胚性幹細胞(ES細胞)の樹立や人工多能性幹細胞(iPS細胞)の発見、制御性T細胞の発見と再生医学に革新的な基盤を確立してきました。

近年、両研究所はそれぞれに「ウイルス感染症・生命科学先端融合的共同研究拠点」と「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」を運営して参りました。この二つの拠点機能は、それぞれに維持発展させてゆく強い意思を込めて、新研究所名を旧名並記と致しました。

高齢化社会に突入した我が国にとって、ウイルス感染症対策と再生医学の確立は極めて今日的な先端課題です。一見かけ離れたこの二つの課題は「多様に階層化された細胞社会」という隠れた次元で繋がっています。統合新研究所は、この隠れた次元を開拓することで新たな研究者コミュニティーを育て、医療技術に新たな基盤を据えるものと期待されています。このように創出される未来領域の種を、旧名をつなぐ「・」に込めました。