医生研について
研究について
ホーム > 沿革
医⽣物学研究所の歩み

本研究所は、昭和31年(1956年)に発足したウイルス研究所と昭和16年(1941年)に発足した結核研究所から胸部疾患研究所を経て生体医療工学研究センターとの統合により平成10年に発足した再生医科学研究所を母体としています。
日進月歩の医学・生命科学研究領域の発展を牽引し、さらに新領域の最先端研究を開拓、推進するとともに、将来の医学・生命科学研究を担う若手研究者の育成を目的として、平成28年(2016年)に両研究所が発展的な組織統合を行い、「ウイルス・再生医科学研究所」が発足しました。
医学・生物学分野における新たな学術領域の創成を目指して、令和4 年(2022年) 4 月1日に「医生物学研究所(医生研)」と名称を新たにしました。

2022年度より医⽣物学研究所として、新しい歩みを始めます。