京都大学 ウイルス・再生医科学研究所

ウイルス・幹細胞システム医生物学共同研究拠点

概要

本共同利用・共同研究拠点は、令和4年度からの「ウイルス・幹細胞システム医生物学共同研究拠点」としての活動を文部科学大臣から認められました。

当研究所は、2016年のウイルス研究所と再生医科学研究所の統合後、ウイルス感染研究部門、再生組織構築研究部門、生命システム研究部門の三つの部門において、生命科学の最先端研究を推進してまいりました。さらに、部門にまたがる融合研究も進めており、異分野融合研究を行う体制が整っております。
我々が研究開発した技術や方法を国内外に展開し、さらなる最先端・異分野融合研究を促進するために、3つのテーマ、①ウイルス感染研究、②幹細胞・組織再生研究、③生命システム研究について共同研究課題を募集します。

①については、ウイルス感染実験、ウイルスの微細構造や分子構造解析、②については、ヒトES細胞研究センターを通じてヒトES細胞の利用、幹細胞学研究、組織再生技術開発の共同研究、③については、生命システム研究部門の教員を中心に先端的異分野融合研究を推進します。

これらの共同研究を通じて、ウイルス学、幹細胞学、生命システム学分野の視点による解析研究を通じたマルチスケール医生物学の創出を目的とし、次世代研究者の育成体制の確立を目標とします。

公募要項・申請書

2022年度共同研究課題の募集

このたび、2022年度の共同研究課題を下記のとおり公募しますので、募集要項をご確認の上、ご応募ください。若手研究者及び海外研究者の積極的な参加をお待ちしております。
(提出期限:2022年1月14日(金)17時(必着))

2022年度共同研究課題募集要項

【公募テーマ】
①ウイルス感染研究
②幹細胞・組織再生研究
③生命システム研究

【提出書類】以下より、ダウンロードしてください。
・共同研究課題申請書(様式1
・所属長の承諾書(様式2)  ※公印不要
・指導教員の承諾書(様式3) ※研究組織に大学院生、学部学生を含む場合。押印不要

【提出方法】
共同研究課題申請書(様式1)はwordファイル、所属長の承諾書(様式2)及び指導教員の承諾書(様式3)はPDFファイルとし、以下にメール添付で送付してください。その際、件名を「2022年度共同研究課題申請(所属機関名・氏名)」としてください。

(提出先)
ウイルス・再生医科学研究所総務掛
330kyoten*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください。)
※受領後確認メールをお送りします。届かない場合はお問合せください。

知の拠点:「すぐわかアカデミア。」

文部科学省から共同利用・共同研究拠点として指定されている拠点に所属する研究者が、最先端の研究内容をわかりやすく一般の方々や学生の方々にお届けしています。

知の拠点【すぐわかアカデミア。】YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCnrOC_fopoXZTGGgagIbHIg/videos